【グループ展】~つよめ~≪小林駄駄,河童モルヒネ,ナナイロヒメ,青彦介»

九州から発信する作家4人のグループ展 「つよめ」

 

≪展示タイトル≫ つよめ

熊本から上京してペン画作家として活躍する小林駄駄氏を筆頭に、九州で活躍している作家4名でのグループ展「つよめ」 が2018年9月27日(木)~2018年10月9日(火)の日程で開催が決定。印象抜群な細密画からイラストまで展示タイトルの通り、個性が強い作品が展示されます。

≪会期≫

2018年9月29日(木)~10月9日(火)

«作家在廊イベント»

小林駄駄氏 「似顔絵イベント」
日時:9月29日(土)/10月6日(土)13時~18時 在廊予定
内容:お客様の似顔絵を作家のタッチで描きます。
価格:ミニ色紙サイズ 1,500円

作家Twitter:https://twitter.com/kbdada

ナナイロヒメ氏 「お客様の中の少女を描きます」
日時:10月7日(日)/10月8日(祝)13時〜19時 在廊予定
内容:心理テストを行い、テスト結果に基づく好きな色鉛筆(3,4色)を選んで頂きます。心理テストから読み取った心の中のお客様を描いて見せます!
価格:ハガキサイズ 1,000円

作家Twitter:https://twitter.com/nanair69

青 彦介氏 「似顔絵イベント」
日時:10月8日(祝)/10月9日(火) 時間未定 ※Twitterにて告知します。
内容:お客様の似顔絵を作家のタッチで描きます。
価格:10cm×10cm 料金500円

作家Twitter:https://twitter.com/aohiko333?lang=ja

~作家紹介~

≪小林駄駄氏≫

1990生まれ 熊本県熊本市出身。

熊本デザイン学校 イラストレーション科卒業

主にドローイングを手掛け、ライブペイントも行う。音楽が好き。世紀末的デカダン少女世界を構築。CDジャケットやグッズ展開も行っている。ロングヘアーに異常な執着をもつ。

 

 

小林駄駄氏インタビュー記事はこちら↓↓

《作家インタビュー》ペン画作家:小林駄駄

Twitter:https://twitter.com/kbdada

HP:http://dadaizuco.wixsite.com/dadada

 

≪青 彦介≫

1994生まれ。福岡出身福岡在住。
​九州産業大学付属九州高等学校デザイン科卒。
2017年 ゴアデッキ大阪出展。
主に線画で退廃的な世界を描く。退廃的なモチーフを扱うがその描写は非常に繊細で美しい所が魅力である。描く媒体を選ばす、服や靴、シンバル等にまで独自の世界を描く。 プッチンプリン。

 

Twitter:https://twitter.com/aohiko333

Instagram:https://www.instagram.com/aohiko666/

 

≪ナナイロヒメ≫

 

熊本県生まれ
服飾作家・画家
2014年秋から河原町アートの日に参加
2016年3月個展「君の事なんて一生かけても好きになれない」
2017年1月第28回熊本アートパレード 「フューチャー♡ガール」奨励賞受賞
2017年7月「姉妹展 ナナイロヒメ×あぜたももこ」
2018年3月プラザ図書館でBOOK×ART「少女」で作品を展示。

HP:https://nanairohime.thebase.in/

Twitter:https://twitter.com/nanair69?lang=ja

Instagram:https://www.instagram.com/nanairohime/

 

≪河童 モルヒネ≫

河童モルヒネ…ハードコア漫画作家。文化人。虚弱体質。己を取り巻く“不条理”に対する嫌気を原動力に、狂人のフリをしながらアメ車顔負けの燃費の悪さで絶賛活動中。現代美術にナカユビを立て、神をも恐れぬ不謹慎さと、ヘドロのような破れかぶれ墨汁技法を武器に、日々是鍛錬、ポンコツ街道まっしぐら。

トーンもGペンも一切使わない、ほとんど筆ペンとボールペンで描かれた見にくい(醜い)原稿は、まるで上質な“便所の壁の落書き”を彷彿させる。

人呼んで『キレたインテリ』 『平成の乱れ髪』 『色彩無慈悲毘沙門天』

【職歴】ニート→喫茶店→ヒーローショー(怪人)→リサイクルショップ→ニート→中華屋→無職

HP:https://kappa-land.jimdo.com/

Twitter:https://twitter.com/kappamorphine

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です