《作家インタビュー》作家:じるも

~作家として~

今回紹介するのは作家のじるも氏。アナログイラストが得意で作品の多くは人体モチーフがメインである。ダーク・グロテスクな部分を取り入れた作風が多くのファンから評価されている。漫画家志望で幼いころからペンを握っていたという彼女は本格的なイラスト・漫画を専門学校で学ぶ。近年も仕事と両立しながら作家活動を続けてきた。個展やイベントに出展することで評価が変わってきたと嬉しく語ったのが印象的であった。

 

 

-いつから活動されていたんですか?また活動される(絵を描くきっかけを教えてください。

じるも 物心ついた時には絵を描いてました。確か5、6歳の頃からアニメを観るのが好きでその頃から暇さえあれば(というか四六時中…?)絵を描いてました!

-本格的に描きだしたのはいつごろからですか?

じるも ずっと絵は描いていましたね。高校生の頃の学園祭からグッズを出したり、展示をするようになったのは2014〜で専門学校生になってからです。

 

 

-美術の学校やお仕事をされてたのでしょうか?

じるも 小・中は美術部、高校では漫研にはいってました。専門学校ではイラスト・漫画の勉強をしていましたね。学生の頃はお仕事で『雑誌まちがいさがし』の絵のお仕事もしていました。

-これまではどのような活動(個展など)をされていたのですか?

じるも 専門学校生の2年生、3年生学展に参加、学外では奈良の『ものづくりイベント」で活動していました。卒業後は2017年にグループ展、初の個展を開催させて頂きました。今年2018年は場所を変えて名古屋でのグループ展にも参加させて頂きました。

 

 

-作家活動において影響を受けた方はいますか?

じるも SNSや、作家さんの個展、イベントなどで影響を受けた方はたくさんいますね!理想の女の子だなぁと感じたのはオランダのモデルさん『マーラさん』です。毛糸エクステがめちゃめちゃかわいいんです!

-作品を制作する時、どんなことを大切にしているのですか?

じるも 基本展示はアナログなので、アナログでしか出せない重ね塗りした際の色や、額縁も既存のものに色を塗ったり、ラメをつけたりするなど絵に合うように手を加えてます。

 

 

-画風の特徴・こだわりを教えてください。

じるも ちょっとダークだったりグロテスクなものをよく取り入れるのですが、そこにかわいさもプラスして偏らないように心がけてます。特徴は、エルフ耳、大きなグリグリしたお目目とバサバサ睫毛オン眉はトレードマークです!本人もそんな感じです(笑)

-画風から感じてほしいこと・テーマはありますか?

じるも よく人体(目玉、心臓など…)モチーフが多いので、そう聞くとちょっと怖いなと感じるかもですが、配色やデザインの組み合わせ次第でかっこよくもかわいくもなるモチーフでもあると思ってます。このアクセサリーかわいい!このデザイン好き!など感じて頂けたら嬉しいです。

 

 

-作品(被写体・モデル)のテーマはどのようにして決めていますか?

じるも 色から決めてこの色に合うキャラクターの雰囲気や、性格を考え出したり、言葉(好き、怒りなど)からテーマを決めたりしています。

-絵を描いている際のインスピレーションはどのように湧いてくるのですか?

じるも 絵、キャラクターに合いそうな好きな曲(イケイケでテンションの高いRockな曲がほとんど)を聴きながら描くと、自然と筆が乗ってきます(笑)

 

 

-画家・作家としての喜び、楽しみ、逆に辛いことはありますか?

じるも まず展示やデザフェスなどのイベントで会いに来て頂けること、これは本当に嬉しいです。また作家活動をしていて性別年齢関係なく交流ができることは楽しいですね!大変喜ばしいことで最近は絵をお迎え頂くことも増えてきました。本当にやってきて良かったなと感じます!辛いこととしては時間が足りない事…。あと腕が2本じゃ全然足りません!!(笑)

-完成までのプロセスと作品完成までにかける時間を教えてください。

じるも アナログA4サイズだとラフは最近PC→印刷→トレスをして色塗りだと大体12時間〜1日ほどかかります。(重ね塗りしすぎてもっとかかる時もあります。)
デジタルだとハガキサイズのイラスト(厚塗り)は5時間程かかります。

 

 

-お仕事(学校)と作家活動はどのようなバランスになっているのでしょうか。週にどのくらい、月にどのくらい作家活動をされているのでしょうか?

じるも 今現在職探し中なのですが、2、3ヶ月に1度くらいのペースで絵の展示に参加させて頂いてます。ちょっとしたメモがわりに思い浮かんだこと描き留めたり、ラフを描いたりは毎日してます(笑)

-お休みの日はどのような過ごし方をされているのでしょうか?

じるも 中古本のお店をはしごして知らない映画作品を探しをよくしますね。絵を描くうえで、映画の世界観からも大きく影響を受けることがあります。

 

 

-趣味・特技を教えてください。

じるも 部屋の改造(?)アレンジするのが好きでよくいじってます(笑)玄関の壁に100均の紙で出来たような大きなテーブルクロスを貼ってます。かわいい部屋で好きな映画・アニメを観るのが幸せなんです。安くてかわいい服を見つけるのも得意です(笑)

-今夢中になっていることを教えてください。

じるも 珈琲いかがでしょうという漫画が凄い面白いです。展開が本当にいい!!
同時にとある育成ゲームにはまってしまい、最近ではコスプレイヤーさんの写真を夢中で見てます。

 

 

-将来の夢について教えてください!

じるも カフェでの展示・コラボメニューを作ってみたいです。以前SNSで見たことがあるんですが絵だけではなく食べ物で作家さんらしさを感じて感動しました。昔から漫画や雑誌の挿絵のお仕事に憧れています。作家活動を通じてもっと沢山の人と繋がりを持っていきたいです。

作家活動においての今後の目標などはありますか?

じるも もっとイベントに参加すること!!私の大好きな友人と2人展をやりたいと思ってます。作風がだいぶ違うのでその良さを出したい。

 

 

-支えてくれている方(ファンや仲間)に一言!

じるも みんな!!大好きーー!!!

-ご自身にとってアートとは。

じるも 現実逃避ですね。辛いことがあったりしても創作キャラクターや、版権なんでも描いてると気持ちが楽になります。食事みたいなものでもあります。(ご飯と箸ではなく紙とペンみたいな…)

 

 

≪作家プロフィール≫

«じるも»

【紹介】カラーイラストをアナログ・デジタルの両方で描いている。なかでもコピックを使ったアナログのイラストメイキングが主流。ダークな部分を取り入れた作風は多くのファンから評価されている。ティムバートンの世界観が大好きで映画観賞を好む。黒色が好きが高じて普段はロック系のファッションが多い。

«今後の予定/Twitterはこちら↓↓»

じるも氏への作品リクエストやお仕事の依頼は当店でも承ることが可能です。お気軽にお問合せください。 ※作家活動が優先となるためお受けできない場合もございます。ご理解くださいますようお願い申し上げます。

《依頼のご相談・お問い合わせ》

◆Kitaike-Gallery Portfolio◆
東京都豊島区池袋本町4-3-18
TEL:03-6907-1433 FAX:03-6735-7783
【E-mail】:info@kitaike-gallery.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です